【この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。】

久しぶりに革靴を新調しました。地味〜に革靴も趣味の一つだったりします。国産ブランドからインポートまで幅広く、欲しいシューズたくさんあります。拘りだすとキリがないので正規店で新品を買う機会は多くないのですが、それでも年に1~2足は買い足しています。

今回購入したのは、SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)の"インペリアル・プレスティージ"! SCOTCH GRAINの手掛ける既成靴の中で最高グレードに位置するモデルです。黒のストレートチップ、型番は917BLをチョイスしました。

SCOTCH GRAINってモデル名(インペリアルとかオデッサとか)と型番(917とか958とか)とスタイル(プレーントゥとかストレートチップとかダーヴィーとか)が一致しておらず、同じモデル名でも様々なスタイルを用意していることで有名ですね。海外メーカーはスタイルごとにモデル名を付けているところが多いのですが、SCOTCH GRAINの革靴については同じモデル名でもスタイルが選べるようになっているのが特徴。詳しくはこちらで解説していますので、興味のある方はご確認下さいね。

余談でした。早速開封の儀に移りましょう!

開けると…

ナイロンの靴袋に入っています。

 

見てください!この光沢感!!アッパーは見事なまでにブラック!フランスのタンナー、アノネイ社が手掛ける革の中で全体の5%ほどしか取れない最高品質のボックスカーフが使用されています。オイル加工されており、素の状態でも光沢感が漂いますが、変に汚れ落としやクリームを塗布してしまうと革的にはダメージになりかねませんからそのまま使用することを推奨されました。防水スプレーを軽く吹きかける程度で十分、撥水加工されているとはいえ雨に対する耐性は低めですな。

素材はカーフなんですが、フランスのアノネイ社製のAlluy(アルリー)という最高級のフランスカーフを惜しみなく使っております。アノネイ社は原皮を製品に使える革になめすタンナーで、革製品を作る多くのメーカーがお世話になっています。このアルリーはアノネイ社の全生産量のうち5%しか選出できない最高級の革なんですよ。希少価値が高いことから素材自体高価で、ヨーロッパのハイブランド、それも美しい肌めと均質性が求められる"鞄"に使用が限定され、"靴"で用いられることはありませんでした。ヒロカワ製靴がアノネイ社を訪問した際に直接交渉したことで、紳士靴の国イギリスノーサンプトンのシューメーカーよりも早く、革靴に使用することを認められたのです。

アウトソールはフルレザー。下位モデルはハーフレザーハーフラバーだったりオールラバーだったり様々ですが、インペリアルプレスティージの靴底は革でできています。しかしながらレザーソールってめちゃくちゃ滑るんですよね。実用面ではどう考えてもラバーの方がいいのですが、雨の日には使用しないのでレザーならではのしなりや弾力性、通気性を踏みしめつつ愛でていきたいな〜

細かいところですが、ストレートチップのキャップ部分をじっくり見てみるとステッチが内側から施されているようで継ぎ目が目立ちません。私は営業なの外回りには同メーカーの"シャインオアレイン"を愛用しているのですが、こちらもストレートチップなので並べて比較してみましょう。

 

左がシャインオアレイン、右がインペリアルプレスティージ。新品おろしたてとは言え、一見しただけで艶めかしさが違うと分かることでしょう。(1年以上履き込んでいるシャインオアレインをもう少し磨いてあげなければいけませんね笑)

使用されているラストも異なっており、インペルアルプレスティージの方が細身でトゥにかけてのカーブがややキツめです。またヒールカップも狭めで履き馴染むまでに時間がかかりそうな感じです。同じサイズで履き比べてみるとプレスティージの方が「明らかにキツい」ので購入を検討されている方は要試着ですよ〜 場合によってはハーフアップするといいでしょう。

キャップトゥの部分を拡大してみると、シャインオアレインの方は継目が2本見えていますが、プレスティージは一手間かけて内側に縫いこんでいるので継目は1本にしか見えません。ソールも骨太で存在感があります。目立たないところもしっかり手を加えているのでスタンダードラインよりも割高なのは当然。むしろこの革質で木製シューキーパーが付属して6万円なら正直激安だと思います。多分クロケットとかチャーチならブランド料上乗せで10超すでしょうな。かなり頑張っている価格だと思います。

並べてみると革の目の細かさがすごいですね。鏡面仕上にしたらそれこそ本物のミラーみたいになりそう笑  まだまだ足にも馴染んでいないのでしばらくローテに組み込んでみて、他の革靴との履き心地の違いなどインプレしたいと思います。

ちなみにこのインペリアルシリーズはプレスティージをトップとしインペルアルブラックとインペルアルⅡが存在します。ブラックとⅡは48,000とちょっと割安。スタイルが異なる他使用するカーフのランクが下がります。プレスティージはストレートチップとセミブローグしかないためUチップやスワールトゥなどの他のスタイルが好みであれば合わせてご検討を。百貨店などではオデッサまでしか取り扱っていないので、インペリアルシリーズを試着するには直営店を訪れてみて下さい!

Twitterでフォローしよう